適正な指定管理者制度を考える研究会

2003年に指定管理者制度が導入されてからこの間、静岡県内では、施設内での死亡事故、官製ワーキングプア、経営破綻による指定取り消しなど、さまざまな問題が生じてきています。私たちの調査では、公募による選定基準が経費削減第一とされ指定管理者制度が自治体のコストカットの手段とされていること、施設の人件費積算の基準がないことなどの原因が明らかになってきました。指定管理者施設で働くみなさんとこれらの問題について一緒に考え、制度の改善をめざしていきたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる